子育てお役立ち情報

保育園の服の名前つけはシールがおすすめ!靴や靴下にも貼れて簡単&便利♪貼る場所も紹介!

お名前シール

お子さんが保育園で着る洋服や持ち物に必要不可欠な名前つけ

  • はじめての入園準備で、洋服の名前つけは何がおすすめだろう
  • ペンで名前つけをすると、文字がにじんだり書きにくかったりと時間がかかってしまう…。

こんな風に考えている方におすすめの名前つけの方法が、洗濯タグに貼るだけのお名前シールです。

洋服の名前つけは保育園の入園時だけではなく、その後もサイズアップする度に必要です。

仕事に子育てに…と毎日を忙しく送るママなら、少しでも“手軽で簡単に”済ませたいですよね。

我が家の場合、息子の保育園の入園準備からお名前シールを使い始め、いまは愛用して4年目となりました。

名前つけに手こずってしまう靴や靴下にも貼れたり、記入した名前も色あせないので重宝しています。

おかげで我が家は洋服や靴、靴下の名前つけは時間がかかりません

この記事では、我が家が愛用している洗濯タグに貼るお名前シールについてご紹介させていただきます。

保育園の服の名前つけにおすすめ!靴や靴下にも貼れるお名前シールを紹介!

我が家が愛用して4年目、貼るだけの簡単なお名前シールをご紹介していきます。

名前つけに手こずる靴や靴下にも貼れて便利!名前つけの時間短縮に繋がります!

洋服の名前つけにおすすめのシールとは?

洋服の名前つけにおすすめのシールとは、『洗濯タグに貼るだけ!タグペタラベル』です。

タグペタラベルはこちら

名前シール「タグペタラベル」を貼った洋服の洗濯タグ
【タグペタラベル】実際の大きさ

この『タグペタラベル』は名前を記入したら、洋服の洗濯タグに貼って完成!です。

お手頃なお値段も我が家がリピートしている理由の1つです。

今すぐ¥チェック!

スポンサーリンク

お名前シールの実際の使用感は?

お名前シール『タグペタラベル』の気になる使用感はどうなのでしょうか?詳しくご紹介していきます!

耐久性は抜群!

『タグペタラベル』はしっかりと粘着させるために使うアイロンが不要ですが、

その耐久性は抜群!です。

我が家の場合はサイズアップするまで(1~2シーズン)シールが剥がれたことはありません。

何回も洗濯機に入れて、洗っても大丈夫です!

文字がにじまない!

『タグペタラベル』には名前ペンのにじみ防止加工がされています。

「洗濯タグに直接、名前ペンで記入したら文字がにじんでしまった…。」

こんな経験はありませんか?

名前の文字がハッキリ見えなければ、保育園の先生もきちんと誰のものか確認できませんよね。

この『タグペタラベル』は名前用のペンで記入すると、文字がにじまずハッキリと名前が見てわかります。

もちろん洗濯しても文字がにじまず、色あせもしないので名前を上書きする必要もありません。

『タグペタラベル』はシールの色が種類豊富です。

カラフルな色を選べば名前の場所もすぐにわかるので、確認作業の手間も軽くなります。

靴や靴下にもお名前シールは貼れるの?

保育園に持って行くものなら、すべてのものに名前つけが必要ですよね。

私自身、特に名前つけを難しく感じるアイテムが靴と靴下でした。

『タグペタラベル』は便利なことに、靴にも貼れます

この『タグペタラベル』は洗濯タグ以外にも、プラスチックやガラスなどツルツルとした面にも貼ることができようになっています。

お子さん向けの靴では、代表的な『イフミー』や『ニューバランス』にはこのツルツルとした面があるので、お名前をシールを簡単に貼ることができます。

イフミー』や『ニューバランス』にお名前シールが貼れる場所は、足の甲の内側にある名前の記入ラベルサイズ表示ラベルになります。

『イフミー』や『ニューバランス』以外の靴をお持ちの方は、ツルツルとした面があるかどうか、確認してみてくださいね。

名前シール「タグペタラベル」を貼った靴
【イフミー】甲の内側にお名前シールが貼れる

靴下

『タグペタラベル』の取り扱い方法として「洗濯タグ以外の生地には使用できない」と記載されています。

ですが実際に、このお名前シールを足首のゴム口に貼って使用してみました。

名前シール「タグペタラベル」を貼った靴下
【靴下】足首ゴムの内側にお名前シール

何回か洗濯をすると、お名前シールの端が少し剥がれそうになります。

“1シーズン使用してお名前シールが剥がれるか、剥がれないか”という具合なので、シールを貼りかえる頻度は少ないです。

靴下には

『タグペタラベル』を貼るか、名前ペンで名前つけをするか、どちらがおすすめ?

こんな風に気になる方がいるかもしれませんね。

個人的には『タグペタラベル』がおすすめです。

靴下に名前ペンで名前つけするデメリットがこちらです。

  • 書きにくいので、時間がかかる
  • 何回か洗濯後、名前が消えるので上書きする必要がある

そのため名前ペンで名前つけするよりは手軽で簡単なので、我が家は靴下にも『タグペタラベル』を使用しています。

靴や靴下にも便利!

スポンサーリンク

時間のある時に準備できる!

お子さんが成長して洋服のサイズアップのために、新しい洋服に1度に名前つけするのは大変ですよね。

時間が限られている場合なら、なおさらです。

この『タグペタラベル』なら時間のある時にラベルに名前を記入しておけるので、

使いたい時にすぐにお名前シールを貼ることができます。

毎日が仕事と子育てに忙しいママも、スキマ時間にできる名前つけの準備です

最後に

お名前シール『タグペタラベル』のおかげで、我が家は名前つけにかかる時間を短縮することができています。

最後に、こんな使い道もできたのでご紹介させていただきます。

洋服の“後ろ”として目印にも!

我が家の息子がTシャツの前と後ろがわかるように、首の後ろにあるタグに目印として貼りつけたことがあります。

息子は文字が読めなくても、カラフルなシールはわかります。

Tシャツの前と後ろがわからなかった息子にも役立ちました。

1度は使ってみる価値があるお名前シールですよ

今すぐ楽天で購入する

下記の記事では保育園の送迎に大活躍している、子供乗せ電動自転車を買ってよかったメリットについてご紹介しています。

子供乗せ電動自転車を買って、私は得られたものがあります

買おうかどうか迷っている場合は、ぜひご参考にしてみてください。