相模原の公園

相模原北公園のあじさい|2021年開花状況と見頃は?アクセスや駐車場も紹介!

相模原北公園のあじさい

神奈川県相模原市にある相模原北公園は、約200品種1万株のあじさいを見ることができる、圧倒的な規模のあじさいスポットです。

神奈川県で「あじさいの名所」として有名な鎌倉ほどの人の混雑はなく、穴場なスポットでもあります。

実際に2021年6月24日に見に行ってきたのですが、

公園内の多種多様なあじさいの中でも、圧巻の存在感を放つアメリカあじさい“アナベル”の絶景を楽しむことができました。

この記事では、実際に見に行った私の体験談に基づいて、相模原北公園のあじさいの開花状況と見頃についてご紹介させていただきます。

相模原北公園のあじさい開花状況!見頃はいつ?

相模原北公園|アナベルが咲き乱れる
相模原北公園のあじさい“アナベル”

相模原北公園のあじさい開花状況と見頃についてご紹介していきます。

2021年6月24日現在はアナベルが見頃に!

2021年6月24日に相模原北公園のアジサイ園を訪れると、

アメリカ原産のあじさい“アナベル”がまさに見頃を迎えていました

相模原北公園|どこまでも続くアナベル
2021年6月24日撮影のアナベル

はじめて見に行く方ならきっと、どこまでも咲き広がるアナベルの絶景に感動!すると思います。

私がはじめて見た時は「すごい…!」の一言に尽きました。

相模原北公園のアナベルは、その高さが小柄な大人の身長ぐらいあり、

花の大きさは大人の頭ほど大きく成長しているものもありました。

相模原北公園|アナベルの高さ
アナベルの高さと花の大きさ
相模原北公園|アジサイのアナベル

1本ひと花だけでも迫力満点です

また、あじさいの植栽周辺では遊歩道が設けられています。

アナベルを眺めながら散策するのも楽しいですよ♪

相模原北公園|アナベルの脇道
アナベルの遊歩道

アメリカ原産のあじさい“アナベル”の特徴は?

相模原北公園|アナベルの花びら
アナベルの花びら

アメリカ原産のあじさい“アナベル”は、花色がグリーン→白→グリーンに変化します。

アナベルは明るいグリーン色で咲き始め、だんだんと白色になり見頃を迎えます。

その後はまたグリーン色へと戻っていくので、まっ白な花色は“見頃の時期ならではの花色”です。

花びらも1枚1枚、丸い輪郭をしています。

存在感がありながらも、とっても可愛らしいあじさいが“アナベル”です。

スポンサーリンク

例年のあじさい開花状況と見頃は?

相模原北公園|アジサイ園のガイド
相模原北公園のアジサイ園ガイド

相模原北公園のアジサイ園は「アジサイの丘」「友好のステージ(別名アジサイの谷?)」「アジサイの山」エリアから構成され、約200品種1万株のあじさいが植栽されています。

日本産・北米産のほかに西洋あじさいも!

多種多様なあじさいの開花状況は、相模原北公園を運営管理している相模原市まち・みどり公社ホームページによると、

あじさいの多くは例年6月初旬~7月上旬が見頃です。

あじさい品種別の開花状況と見頃について、下記の一覧もご参考にしてみてくださいね。

相模原北公園の開花状況6・7月一覧
【相模原市まち・みどり公社】より出典

2021年6月24日の開花状況からすると、相模原北公園のあじさいは例年通りに見頃を迎えていることがわかります。

相模原北公園|たくさんのアナベル
2021年6月24日撮影のアナベル

相模原北公園とは?アジサイ園の開園理由も!

相模原北公園の様子
相模原北公園内の様子

相模原北公園は、公園全体がまるで「植物園」のような雰囲気で造られているので、木々が豊かで水辺の広場もあります。

1年を通して自然のままに、四季折々の花々や草木を楽しむことができます

相模原北公園|園内マップ
相模原北公園の園内マップ

また、あじさいは相模原市の「市の花」として1974年に制定されています。

相模原市の人口が60万人を超えたことを記念して、相模原北公園のアジサイ園は2000年6月に開園されました。

アジサイ園の歴史が浅いことも、“穴場”の理由の1つかもしれませんね!

相模原北公園のアクセス方法!駐車場情報も!

相模原北公園のアクセス方法と駐車場情報をご紹介していきます。

相模原北公園の場所はここ!

【相模原北公園の住所】

神奈川県相模原市緑区下2368-1

最寄り駅はJR・京王線の橋本駅です。駅から歩くには距離があるので、

アクセス方法は…

  1. 電車&バス

がおすすめです。

スポンサーリンク

電車&バスで行く場合

JR線・京王線ともに橋本駅の南口にある、

  1. 神奈川中央交通バス(神奈中バス)
  2. コミュニティバスせせらぎ号

が利用できます。

神奈川中央交通バス(神奈中バス)の場合

神奈川中央交通バスの場合、下記のバスいづれかに乗車します。

  1. 橋34系統の上溝行(2番のりば)
  2. 橋36系統の上大島行(2番のりば)
  3. 橋57系統の田名バスターミナル行(1番のりば)

いづれも「上中の原団地」で下車します。 

バスのりばや時刻表はコチラ

「上中の原団地」バス停から相模原北公園のあじさい園まで徒歩9分

行き方は下記のGoogleマップをご参考にしてくださいね。

コミュニティバスせせらぎ号の場合

コミュニティバスせせらぎ号の場合、下記のバスに乗ります。

橋30系統の相模川自然の村行(2番のりば)

「北公園・北総合体育館前」で下車します。

バスのりばや時刻表はコチラ

「北公園・北総合体育館前」バス停から相模原北公園のあじさい園まで徒歩3分

行き方は下記のGoogleマップをご参考にしてください。

車で行く場合

車の場合、JR・京王線の橋本駅南口から約10分で到着する場所にあります。

相模原北公園の駐車場は合計271台分、下記の3か所に分かれています。

園内マップとあわせてご確認ください。

駐車場の料金は無料です。

相模原北公園|園内マップ

①第1駐車場(北総合体育館側・体育館周辺の場所)

午前7時30分~午後10時
普通車116台(うち障害者用2台)
※北総合体育館の休館日は、南側のみ駐車可能

②屋内駐車場(北総合体育館側・AEDマークの場所)

午前8時15分~午後10時
普通車76台(うち障害者用2台)
※北総合体育館の休館日は、閉鎖

第2駐車場(管理事務所側)

午前8時~午後7時(10月~4月は~午後6時)
普通車79台(うち障害者用3台)

アジサイ園に1番近い駐車場は第2駐車場になります。

平日の午後に第2駐車場を利用しましたが、約8割はすでに駐車している印象でした。

最後に

相模原北公園|ガクアジサイ(ブルー)
相模原北公園のあじさい

相模原北公園のあじさい開花状況について、実際に私が訪れた体験談とあわせてご紹介させていただきました。

相模原市はあじさいを「市の花」として制定しているだけあって、相模原北公園では多種多様なあじさいだけではなく、アメリカあじさい“アナベル”の絶景も見ることができます。

神奈川県で「あじさいの名所」と言えば鎌倉のお寺や箱根のあじさい電車が有名ですが、相模原北公園も見事な名所の1つです。

ぜひ一度は見に行っていただきたい、おすすめの穴場なあじさいスポットです