おもちゃ&本

電車好きな子供におすすめ!我が家の子鉄が何度も読む絵本5冊を紹介

電車が好きなお子さんは、絵本も電車が大好きですよね。

我が家の電車が大好きな男の子こまりは、本屋さんで、自分で好きな絵本を選んでもらう時は必ず電車の絵本を選びます。

ママや周りの方が電車好きなお子さんのために絵本を選ぼうとした時、電車の絵本ってたくさんあるので、正直どれを選べばいいのか、迷ってしまう時がありますよね。

今回は、我が家のこまりが2歳の頃から現在4歳までの間、何度も繰り返し読んでいる絵本についてご紹介させていただきます。

よかったら絵本選びの参考にしてくださいね。

電車好きな子供におすすめの絵本5冊

我が家の男の子こまりは、電車が大好きな「THE!子鉄」です。

具体的に言うと、新幹線よりも在来線や私鉄線などのローカルな電車が好きだったり、電車のメロディ発車音や駅ホームのアナウンスをマネて遊んだりするような子供です。

お子さんによって電車の「好き度」は違ってくるかと思いますが、今回は「THE!子鉄」こまりが、何度も繰り返し読んでいる絵本5冊をご紹介します。

【2.3歳】でんしゃガタゴト

 

我が家のこまりが2歳頃から読み始めて、現在の4歳も読んでいる仕掛け絵本です。

画像にある表紙も動く仕掛けになっていて、オレンジ色の電車を右側に引っ張ると「出発進行!」します。

子供が動かして学べる絵本です!

2歳頃のこまりは、この表紙のオレンジ色の電車に関して言えば、電車の仕掛け自体を楽しんでいる感じでした。

でも3歳になって言葉も話せるようになってくると「電車が2両から(仕掛けを動かして)3両編成になったよ」と言うようになりました。

単に引っ張たり、引っ込めたりする遊びが、「この電車は何両編成なのか」と考えるようになる変化がありました。

こまりの絵本に対する見方が変わったと、分かった瞬間でした。

赤ちゃんも対象になっている言葉の少ない絵本だからこそ、子供の成長を感じさせてくれる1冊です。

この絵本にはくるくる回る仕掛けもあるので、赤ちゃんの頃から回るものが好きなお子さんにもおすすめです。

【2.3.4歳】たっぷり でんしゃずかん


 

我が家のこまりが2歳から現在の4歳まで読んでいる絵本図鑑です。

この絵本は、新幹線、JRや私鉄の特急列車、モノレール、貨物列車の他に、トロッコ列車やロープウェイなども記載されている図鑑です。

電車の写真が載っている絵本を何冊も購入しましたが、この絵本図鑑は幅広く電車の種類を知ることができるので、電車の写真が載っている絵本はこの1冊で十分だと思います。

【応用】クイズ形式で楽しめる絵本図鑑です!

見開きのページがあり、その項目で紹介されている電車と街の様子が描かれているページがいくつかあります。

こまりは、2歳頃は図鑑として電車の写真を楽しく見ていました。

でも3歳頃になると、この見開きのページに注目するようになり、言葉が話せることもあって今では「〇〇電車はどこだ?」「〇〇の乗り物はどこだ?」などと、クイズ形式で親子で楽しんでいます。

細かく立体的に描かれているので、子供は探すのが楽しくなる見開きページです。

【3.4歳】モノレールのたび

 

我が家のこまりが3歳から読み始めている、神奈川県にある湘南モノレールの絵本です。

この湘南モノレールが始発の大船駅から終点の湘南江ノ島駅まで走っていく様子が、丁寧に描かれています。

湘南モノレールは国内で数少ない懸垂式のモノレールですが、このモノレールの特徴が子供でも分かり易く描かれている1冊です。

湘南モノレールに乗ってみたくなる絵本です!

この絵本を購入する前に、一度湘南モノレールに乗って、湘南江ノ島駅と1つ隣の目白山下駅の間を往復したことがあります。

その時の景色が思い出される位リアルに描写されていたり、子鉄としては気になる車庫の様子が描かれていたりして、「あの時モノレールに乗り続けていたら、これが見えたんだね!」と絵本を読みながら親子で確認しています。

こまりも私も、もう1度湘南モノレールに乗って、今度は終点まで行ってみたくなる絵本です。

【3.4歳】JR私鉄全線 地図でよくわかる鉄道大百科

我が家のこまりが3歳から見ている、地図で分かる全国版の鉄道図鑑です。

名前の通り、全国の鉄道の地図と鉄道に関する知識が満載の1冊です。

まだ未就学児のお子さんには難しく感じますが、線路の地図を使って本格的に教えたいママやパパにはおすすめです。

また、この本のおすすめの1つとして、大判の地図ポスターが付いています

部屋に飾れば、お子さんがいつでも簡単な全国の線路図を見ることができますよ。

子鉄の「知りたい!」がいっぱい詰まっている!

小学生が読むような内容の鉄道図鑑ですが、まだ文字も地図も読めない3歳のこまりに購入したきっかけが、こまりのこの1言です。

「ねぇママ!この電車はどこを走っているのかな?」

この図鑑が、こんな質問が増えてきたこまりにピッタリでした。

時間がない時はポスターで、時間をかけて教えたい時は図鑑でと、使い分けもできます。

こまりの知りたい!にいつでも答えられる、万能な地図付きの鉄道図鑑です。

【3.4歳】冒険!でんしゃ迷路

 

我が家のこまりが3歳から読んでいる、電車版の迷路絵本です。

実際の電車がキャラクターになって登場するので、迷路も楽しめますが、何の電車が描かれているのか探す楽しみもあります。

迷路で遊ぶようになったお子さんにおすすめの1冊です!

子供が夢中になって楽しく遊べる絵本です!

この本を購入してまだ数か月ですが、1度この絵本を開くと、こまりは必ず最後のページまで飽きずに迷路をしています。

購入前は、長く続く迷路なので少し難しいかと気になりましたが、こまりは今では全ページの迷路の道順を覚えています。

子供の集中力と暗記力を伸ばせる1冊だと思います。

~まとめ~電車好きな子供におすすめ!我が家の子鉄が何度も読む絵本5冊を紹介

お子さんの「電車が好き!」を応援してあげられる絵本。

同じ1冊の絵本でも、お子さんの成長と共にその見方が変わってきます。

親子で一緒に絵本を読みながら子供の成長を感じられる、そんな絵本選びの参考になればと思います。

親子で一緒に楽しめる電車のテレビ番組をご紹介しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

鉄道ブログのランキングに上位目指して参加しています。
『クリック』で応援!していただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 鉄道ブログ 親子鉄道ファンへ