レジャースポット

子供が楽しめる遊具や珍しい発掘砂場も!相模原スポレク公園を紹介!【感想】

JR横浜線の相模原駅周辺で整備中の、大規模な運動公園『相模原スポーツ・レクリエーションパーク』

2024年に完成予定なのですが、一部エリアが2020年11月14日にオープンしました。

  • 『相模原スポーツ・レクリエーションパーク』はどんな公園だろう?
  • 幼い子供でも楽しめる遊具がある公園かな?

こんな風に思いながら、早速オープン初日に4歳の息子と遊びに行ってきました!

種類豊富な遊具で遊べたり、我が家の息子がハマるほどの珍しい砂場遊びができたりと…

『スポレク公園』ならではの魅力的な体験ができて、私たち親子はとても楽しい時間を過ごすことができました!

そこでこの記事では、実際に4歳の息子と遊びに行った感想とあわせて、『相模原スポーツ・レクリエーションパーク』についてご紹介させていただきます。

よかったらお出かけのご参考にしてみてくださいね。

相模原駅北口にオープン!『スポレク公園』はどんなところ?

2020年11月14日に『相模原スポーツ・レクリエーションパーク』の一部エリア(遊具広場と芝生広場)がオープンしました。

それではご紹介していきます!

遊具は種類がいっぱい!

『スポレク公園』の遊具広場では

跳ねたり!登ったり!滑ったり!

身体をいろいろと動かすことができる遊具がたくさんあります。

地面はコンクリートよりも柔らかいものになっています。

スポレク公園にある棒状の渡り遊具

我が家の息子は身体を目いっぱい伸ばして渡って行く、上の画像の遊具がお気に入りでした!

渡りきった先には、階段を上ると3人並んで滑ることができる滑り台があります。

スポレク公園にある3人一緒にできる滑り台遊具
3人一緒にできる滑り台
スポレク公園にある球状のクライミング遊具

目を引くようなサッカーボール型のクライミング遊具です。

我が家の4歳息子もクライミングに初挑戦…!

親の私が手伝いながらも、てっぺんまで登ることができました。

登るだけではなく、クライミング遊具の中に入ることもできますよ。

クライミング遊具はほかにもあります。

スポレク公園にあるクライミング遊具
スポレク公園にあるトンネル型クライミング遊具

トンネル型のクライミング遊具は3歳のお子さんでもチャレンジできる設計になっています。

スポレク公園にある三角形が並ぶ遊具

おにぎりのような、丸みのある三角形が並ぶ遊具です。

対面にある三角形を目指して飛び跳ねていくことができます。

スポレク公園にある遊具
スポレク公園のクライミング遊具

こちらは変わった形の遊具なので、登ったり跳ねたりと子供自身が考えて身体を動かすことができます。

子供の「やってみたい!」「遊んでみたい!」という気持ちを引き出してくれる遊具がたくさんあります。

画像は一部に過ぎないので、お子さんが好きな遊具は必ず見つかるかと思います。

スポンサーリンク

砂場で発掘体験ができる?

砂場遊びが好きなお子さんは、きっと夢中になって遊んでしまう砂場があります。

『スポレク公園』の砂場では、なんと発掘体験ができます!(※普通の砂場もあります)

砂場では“ブラシ&ちり取り”が2セット用意されています。

砂をかきわけていくと…

スポレク公園の砂場でできる発掘体験(砂をかきわける)

恐竜の化石が出てきます!

スポレク公園の砂場でできる発掘体験(化石が出てくる)

化石の種類は数種類あります。

砂場全体に渡って化石が埋まっているので、「どこに埋まっているのか」と探す楽しみもあります!

スポレク公園の砂場でできる発掘体験(恐竜の頭)
恐竜の頭
スポレク公園の砂場でできる発掘体験(アンモナイト)
アンモナイト

“砂を掘ると化石が出てくる”

この演出に我が家の息子は大ハマり!何回も繰り返し遊んでいました。

スポレク公園の発掘体験ができる砂場の高さ

発掘体験できる砂場は、車いすでも遊べる設計のため高い場所にあります

我が家の息子が身長105cm位で、ギリギリ遊べるような高さです。

身長が100cm以下のお子さんは、遊ぶのが難しい高さかもしれません。

遊具や砂場のほかにも…!

『スポレク公園』の遊具広場では、ご紹介した遊具や砂場のほかにも、親子で楽しめるものがあります。

スポレク公園で遊べるチョーク

チョークでお絵描きできたり…

チョークは5色ぐらいで、バケツにたくさん用意されています。

スポレク公園にある足つぼ歩道

足つぼ専用につくられた“足つぼ歩道”を歩くことができます。

“足つぼ歩道”は歩くと痛いにも関わらず、意外とハマってしまうかもしれません!

どうやら我が家の息子は痛くないようです^^;

スポンサーリンク

青空が広がる!芝生広場

スポレク公園にある芝生広場

芝生広場はとにかく広く、開放感がたっぷりあります

この日はお天気が良かったこともあり、“空の広さと空の青さ”も満喫できました!

レジャーシートを敷いてランチや休憩をしたりと、のんびり過ごすのもおすすめです。

少数ですがテーブル付きベンチがありますよ。

『スポレク公園』の開園時間は?知っておきたい注意事項も!

開園時間について

『スポレク公園』の開園時間は下記の通りです。【年中無休】

8:30~17:30(5月~8月は19:00)

スポンサーリンク

事前に知っておきたい注意事項とは?

ポイント

特に幼いお子さんと一緒に行かれる方は、事前に知っておいた方がよい注意事項が2点あります。

①公園内や公園周辺には売店や自販機がありません

飲食類は事前の準備がおすすめです!

お手洗いは芝生広場のみにあります。

幼児専用はありませんが、おむつ交換台は備えてあります。

汚れた手を洗う場合などの水道も、芝生広場のお手洗いか、お手洗い周辺の水場になります。

お子さんがチョークで遊んだ後は、手洗い必須です…!

『スポレク公園』の場所はどこ?行き方や駐車場について

『スポレク公園』の場所は、最寄り駅のJR相模原駅との位置関係から見ると、下記の場所にあります。

相模原駅からの行き方は?

JR相模原駅から『スポレク公園』への行き方(アクセス)をわかりやすくご紹介していきます。

上記のGoogleマップもあわせてご参考にしてください。

まずJR横浜線・相模原駅の北口(東側)を出て、線路沿いのロータリーを通過します。

相模原駅北口のロータリー
相模原駅北口のロータリー
相模原駅北口のロータリー
ロータリーの突き当たり

ロータリーの突き当たり、正面に見える総合相模更生病院に沿い左方向へ進み

右手に見える米軍基地沿いに真っ直ぐ歩き続けます

スポレク公園までの歩道
道幅が広く、整備された歩道

信号機のある大きなT字路を渡って左に曲がり

スポレク公園前の信号機と整備中のグラウンド
信号機のあるT字路と『スポレク公園』整備中のグラウンド

さらに真っ直ぐ歩き続けると『スポレク公園』の出入口に到着します。

信号機を渡った後から『スポレク公園』の出入り口までが、とても距離があります。

『スポレク公園』までの距離はJR相模原駅の北口から徒歩約8分、幼いお子さんと一緒なら約15分はかかるかと思います。

『スポレク公園』までの歩道は道幅が広く、整備されているので、幼いお子さんと一緒でも歩きやすいですよ。

駐車場の場所はどこ?

駐車場

『スポレク公園』の駐車場をご紹介していきます。【2021年1月末日に追記】

2021年1月末日現在で利用できる一般駐車場は、『スポレク公園』の園内図で確認すると…

園内右側「人工芝グラウンド」の向かい側、1本道路を挟んだオレンジ色の場所にあります。

スポレク公園の園内図
『スポレク公園』の園内図

一般駐車場は無料で、59台が利用できます。

障害者の方専用の駐車場は、園内の中央にある「令和6年度完成予定の駐車場」にあり、無料で6台が利用できます。

スポレク公園の一般駐車場
『スポレク公園』一般駐車場の出入口

2021年1月末日にあたる週末では、多くの方が一般駐車場を利用していた印象です。

満車になる可能性があるので、時間に余裕があるといいですね。

なお、『スポレク公園』の一般駐車場へ右折で入庫できませんのでご注意ください。

駐車場は左折のみ入庫可能です!

その場合は1度駐車場を通過し、目の前の信号機があるT字路で右折します。

JR相模原駅前ロータリーの折り返しができる道路
JR相模原駅前で折り返す場所

JR相模原駅前にあるロータリー周辺で折り返してから、左折での入庫になります。

最後に

スポレク公園オープン初日に描かれたチョークアート

2024年に完成予定の『相模原スポーツ・レクリエーションパーク』。

幼い子供を育てる親の私としては、現在の遊具広場や芝生広場だけでも充分に楽しむことができました。

初めて見る遊具や砂場に、お子さんはきっと目を輝かせるかと思います。

『スポレク公園』がある相模原市には、全国で7台しかない珍しい大型の『SLがある公園』があります。

毎月1回、SL運転室の乗車体験イベントが開催されています。

JR相模原駅から2つ隣のJR淵野辺駅にあります。

下記の記事でご紹介しているので、よかったらあわせてお読みください。