東京の電車スポット

高幡不動で京王線の車両基地が見える場所は?子鉄が喜ぶ屋内スポット2選!【東京】

京王線の高幡不動駅には、京王電鉄の『車両基地』こと“高幡不動検車区”がありますね。

この記事では、1歳の頃から電車が大好き!な4歳息子と私の親子が見に行く、高幡不動駅で京王線の車両基地が見えるスポットについてご紹介させていただきます。

幼いお子さんと一緒でも安心の屋内スポット2か所です。

  • 電車好きな子供に、京王線の車両基地を見せてあげたい!
  • 高幡不動駅で、京王線の車両基地が見える場所はどこだろう?

と思っている方、はぜひご参考にしてみてください。

高幡不動駅で京王線の車両基地が見えるスポット2選!

高幡不動駅で京王線の車両基地が見える場所は、京王線側と乗り換えができる多摩モノレール側の2か所あります。

それでは、それぞれご紹介していきます!

京王線改札前の屋内通路から見える!車両基地の電車たち

京王線の高幡不動検車区に入庫中の電車

高幡不動駅で京王線の車両基地が見えるスポットは、京王線の改札前にある屋内通路がおすすめです。

大きな窓のある広々とした通路から、車両基地だけではなく、

駅ホームに発着する電車も見ることができます。

高幡不動駅の京王線改札前通路
高幡不動駅の京王線改札前通路

また、通路の左右両方の窓から見える車両基地の景色は、それぞれ異なります。

京王八王子・高尾山口方面の窓では、ズラリと並ぶ京王線の電車や車庫を見ることができます。

京王線の高幡不動検車区に入庫中の電車
京王線改札前の屋内通路から見える電車
京王線の高幡不動検車区に入庫中の電車

新宿方面の窓では、高幡不動駅を走行する多摩モノレールを見ることができます。

京王線の車両基地と多摩モノレールが見える
【画像上】多摩モノレールの線路と高幡不動駅ホーム

左右の窓から見える車両基地の景色が違うので、私たち親子は新宿方面の窓から見える多摩モノレールの走行に合わせて、

左に行ったり右に行ったりと電車ウォッチングを楽しんでいます

背の低い幼いお子さんの場合、抱っこが必要な窓の高さです。

車両基地が見える場所はどこ?行き方について

京王線改札前の車両基地が見えるスポットへの行き方は、高幡不動駅改札口を出て、

左手北口出口方面に進むとすぐに到着します。

京王線改札口から徒歩約10秒!で到着できます

京王線の駅構内図もご参考にしてみてください。

京王高幡不動駅(改札前)
京王線改札前の広場

多摩モノレールに乗って高幡不動駅から行く方は、上記の画像では

京王線改札の券売機前、右手側に見える通路になります。

京王線と多摩モノレールの改札口は、同じ階にありますが離れています。

両駅の間を京王高幡ショッピングセンターが繋いでいるので、改札のある3階自由通路を通ると行き来がスムーズです。

スポンサーリンク

多摩モノレール改札前の屋内通路から見える!車両基地の電車たち

高幡不動駅で見える京王線の車両基地と京王ライナー

多摩モノレール側で京王線の車両基地が見えるスポットは、多摩モノレール改札周辺にある屋内通路が、

特に京王ライナーが見たい方にはおすすめです。

高幡不動駅で京王線の車両基地が見える通路
京王線の車両基地が見えるスポット

京王線側の通路に比べると少し幅が狭いですが、京王線側の車両基地では見ることができなかった、

京王ライナーを見ることができます。

京王線の高幡不動検車区に入庫中の京王ライナー(多摩モノレール側)

京王ライナーが大好きな我が家の息子は、京王ライナーの車両数をいつも嬉しそうに数えています

私たち親子が訪れる時は、遠くの方に小さいですが、黄色の点検車両“デヤちゃん”が見えることもあります!

 高幡不動駅にある京王線の車両基地
【画像手前】新宿方面へ走る電車

また、車両基地の隣の線路では新宿方面を走行する電車

多摩動物公園駅と高幡不動駅を往復する動物園線のラッピング電車も見ることができます。

京王の動物園線ラッピング電車
動物園線を走るラッピング電車

動物園線の車両は…

多摩動物公園駅にある下記の3つの施設

  1. 京王あそびの森 HUGHUG
  2. 京王れーるランド
  3. 多摩動物公園

これらを合わせたラッピングデザインになっています。

高幡不動に発着する動物園線の車両

背の低い幼いお子さんの場合、抱っこが必要な窓の高さです。

車両基地が見える場所はどこ?

京王線から多摩モノレール側の車両基地が見えるスポットへの行き方は、

まずは多摩モノレールの改札口に行きます。

多摩モノレール高幡不動駅の改札口
多摩モノレール高幡不動駅の改札口
多摩モノレール高幡不動駅

多摩モノレール高幡不動駅の改札口に売店があります。

その売店の右手“新井方面”(北側出口)という標識があります。

多摩モノレール高幡不動駅にある案内板

“新井方面”に向かって進んで行くと、車両基地が見える通路に到着します。

多摩モノレール改札口から徒歩約10秒!で到着できます

多摩モノレールの駅構内図もご参考にしてください。

高幡不動駅ホームから車両基地を見よう!

車両基地に入庫する電車を間近で見たい方は、京王線の高幡不動駅ホームがおすすめです。

下記の画像は、2・3番線の京王八王子・高尾山口方面の先頭車両側ホームから見える車両基地の様子です。

京王線の駅ホームから見える高幡不動検車区
京王八王子方面の先頭車両側ホームから見える電車
京王線の駅ホームから見える高幡不動検車区

車両基地の電車と駅を発着する電車の両方を楽しむことができます

ちなみに、2・3番線の新宿方面の後尾車両側から見える車両基地の様子が下記の画像です。

高幡不動駅ホームから見える車両基地

多摩モノレール側の車両基地に入庫している電車が、遠くの方に小さいですが、見ることができます。

また、高幡不動駅では車両基地にいる京王ライナーだけではなく、駅を発着する京王ライナーもいるので、

他の駅よりもたくさんの京王ライナーを見ることができます。

高幡不動駅で見える京王ライナー

京王ライナーが満喫できるおすすめのスポットでもあります。

高幡不動駅は『電車カード』がもらえるチャンス?

電車カード(京王9000系)
京王線の電車カード

京王線の高幡不動駅では、我が家の息子は駅員さんから『電車カード』をもらうことができました。

『電車カード』とは、電車好きな子供が駅員さんからもらえる各鉄道会社オリジナルのカードです。

もらえた場所は、改札口の駅員さんがいる窓口です。

京王線の『電車カード』は何枚かすでに持っていましたが、この9000形カードは初めてだったので、息子も大喜びでした♪

『電車カード』のもらい方について、詳しくは下記の記事でご紹介しています。

興味のある方はあわせてお読みください。

最後に

高幡不動駅では、京王線と多摩モノレールの改札口すぐそばに、京王線の車両基地が見えるスポットが2か所あります。

2か所とも駅構内の屋内通路なので、

天候を気にしたり、車の通りを心配する必要がありません

幼いお子さんと一緒でも安心して電車や車両基地を見ることができる、おすすめのスポットです。

高幡不動駅のように、若葉台駅にも京王線の『車両基地』がありますね。

若葉台駅の『車両基地』が見えるスポットをはじめ…

小田急線・東急線・京急線・JR横浜線の『車両基地』が見えるスポットを下記の記事でまとめてご紹介しています。

電車ウォッチングのご参考に、あわせてお読みください。