神奈川の電車スポット26選

小田原で電車が見える『えれんなごっそCAFE107』体験談!箱根登山電車の展示スポット【神奈川】

えれんなごっそCAFE107(神奈川県の風祭駅で電車が見えるカフェ)

神奈川県小田原市にある風祭駅には、箱根登山鉄道を走る電車や引退した電車が見えるカフェ

『えれんなごっそCAFE107』があります。

電車が大好きな当時5歳の息子と訪れたところ、箱根登山鉄道が楽しめるカフェに、親子で大満足でした♪

この記事では私たち親子の体験談とあわせて、電車が見える『えれんなごっそCAFE107』についてご紹介します。

  • 電車好きな子供と電車が見えるカフェに行きたい!
  • 小田原で電車が見える場所はどこだろう?

と思っている方は、ぜひご参考にしてくださいね。

小田原で電車が見える『えれんなごっそCAFE107』を紹介!

カフェに引退した箱根登山電車が展示!

えれんなごっそCAFE107|カフェの外観と箱根登山鉄道の引退車両
『えれんなごっそCAFE107』に展示
引退した箱根登山電車

箱根登山鉄道の風祭駅から徒歩3分の場所に、電車が見えるカフェ『えれんなごっそCAFE107』があります。

店舗のすぐ隣には、箱根登山鉄道の引退した電車“モハ1形107号”が展示されています。

存在感たっぷりの箱根登山電車は、遠くからでも、ひと目でわかります!

電車好きには嬉しい♪展示されている箱根登山電車は、カフェの一部として利用できます。

つまり箱根登山電車の車内に入ることができ、飲食もOK!

私たち親子はせっかくなので、展示電車の中で食事を取ることにしました^^

えれんなごっそCAFE107|カフェの外観
『えれんなごっそCAFE107』店舗の外観

『えれんなごっそCAFE107』の飲食スペースは下記3か所です。

  1. 店舗
  2. 箱根登山電車(展示車両)
  3. テラス(店舗と電車の間)

箱根を体感できる、箱根登山電車の車内

えれんなごっそCAFE107|箱根登山鉄道の引退車両
展示車両“モハ1形107号 ”

『えれんなごっそCAFE107』に展示されている、箱根登山電車 “モハ1形107号” 車内の様子をご紹介します。

まず車内は、座席が箱根の伝統工芸品・“寄木細工”を連想させるデザインになっています。

おかげでロングシートの車内は、和モダンな印象です。

また車内で飲食できるので、カフェで購入したものを置く小丸テーブルがあります。

えれんなごっそCAFE107|箱根登山鉄道の引退車両の先頭車両側
運転席が見える先頭車両側
えれんなごっそCAFE107|箱根登山鉄道の引退車両の車内(後方)
後尾車両側の様子

後尾車両側には、なんとモニターも!

山間を走る箱根登山電車から見られる景色が、映像で紹介されています。

まるで現役で走る箱根登山電車に乗っている気分に♪

車内を見上げると、網棚の上に掲示物もあります。

引退後の箱根登山電車 “モハ1形107号”を輸送する様子や、箱根登山鉄道を紹介したポスターも

えれんなごっそCAFE107|箱根登山鉄道の引退車両の車内のつり革
つり革は引退記念の装飾も

一方、先頭車両側ではガラス越しに運転席や、箱根登山鉄道を走る小田急線の電車も見られます

えれんなごっそCAFE107|箱根登山鉄道の引退車両の車内から見える電車
運転席の向こうを走る小田急線の電車(赤)

『えれんなごっそCAFE107』の展示電車の中では、箱根登山電車の歴史だけではなく、

箱根の名産品・ “寄木細工” を感じながら、目の前を走る小田急線の電車も楽しめます。

電車も箱根気分も満喫できる、まさに一石二鳥の鉄道スポットです^^

えれんなごっそCAFE107|箱根登山鉄道の引退車両の後方
後尾車両側の外観

展示電車には現役時代にはない、エアコンが設置されています。

暑い夏日に訪れましたが、車内は快適に過ごせました。

カフェ店内の様子は?

えれんなごっそCAFE107|カフェ店舗内の様子
カフェ店内

『えれんなごっそCAFE107』 店内の様子をご紹介します。

カフェ店内は根登山鉄道の線路に沿って、大きな窓ガラスにカウンター席があります。

そのため食事や休憩をしながら、箱根登山鉄道を走る小田急線の電車が眺められます

タイミングが合わず店内で電車の撮影ができなかったので、下記の画像をご参考にしてください。

えれんなごっそCAFE107|カフェ前から見える電車
店舗前から見える小田急線の電車

店舗前で見える、箱根登山鉄道を走る小田急線の電車です。

店内でも同じように電車が見え、人気の特急ロマンスカーもバッチリと見られますよ♪

小田原&箱根の地を活かしたカフェメニュー!

えれんなごっそCAFE107|箱根登山鉄道の引退車両の車内(運転席側)
我が家が購入したもの

『えれんなごっそCAFE107』では、小田原や箱根の地を活かしたカフェメニューがあります。

私たち親子が購入したものがこちら

  • かまぼこが入った手作りパン(1個260円)
  • 箱根コーヒー(350円)
  • みかんジュース(200円)

どれも美味しかったですよ♪

みかんジュースはとっても濃厚…!息子があっという間に飲み干したので、お子さんにもおすすめです。

※最新のメニュー情報は公式サイトをご確認してくださいね こちら

スポンサーリンク

『えれんなごっそCAFE107』 の基本情報

営業時間

10:00~17:00

※最新情報は公式サイトをご確認くださいこちら

場所はどこ?アクセスについて

えれんなごっそCAFE107』 への行き方は、風祭駅の北口改札を出て、左手にまっすぐ進みます。

「風祭駅入口」の信号機がある横断歩道で大通り(国道1号)を渡り、

さらに左手にまっすぐ進むと到着です。

風祭駅から徒歩3分の距離なので、幼いお子さんと一緒でも5分程度で到着できるかと思います。

箱根登山鉄道の風祭駅に停車する電車
風祭駅

【近道?】箱根湯本方面ホームからの行き方

風祭駅の1番線・箱根湯本方面ホームで下車する場合、

ホーム中央にある南口改札からの行き方があります。

南口改札を出ると、目の前にお土産ショップ『鈴廣かまぼこの里』があります。

『鈴廣かまぼこの里』の店内出入口があるので、店内を通って大通り(国道1号)に向かいます。

店内を出た後、右手の「風祭駅入口」信号機がある横断歩道で大通りを渡り、

左手にまっすぐ進むと到着します。

スポンサーリンク

最後に

えれんなごっそCAFE107|カフェの外観と箱根登山鉄道の引退車両

小田原で電車が見える『えれんなごっそCAFE107』をご紹介しました。

電車好きなお子さんにとっては、観光スポットとしても楽しめる鉄道カフェです。

我が家の息子は「また行きたい!」と言うほど^^

小田原に行く際には、ぜひ電車好きなお子さんと一緒に行ってみてくださいね。

箱根登山鉄道おすすめ関連記事

箱根登山鉄道の箱根湯本駅では、駅構内に箱根登山鉄道の模型や電車が見えるカフェがあります。

箱根観光の休憩スポットとして、下記の記事をご参考にしてください。

箱根登山鉄道の大平台駅には、箱根登山電車のスイッチバックが見えるカフェがあります。

山岳地帯ならではの鉄道景色を楽しみたい方は、下記の記事をお読みくださいね。

こちらの記事もおすすめ